第5回TIPCについて

指揮者・オーケストラ

指揮者

広上 淳一 [ 日本/指揮者 ]

広上 淳一
©︎Masaaki Tomitori

東京生まれ。東京音楽大学指揮科に学ぶ。1984年、26歳で「第1回キリル・コンドラシン国際青年指揮者コンクール」に優勝。以来、フランス国立管、ベルリン放送響、コンセルトヘボウ管、モントリオール響、イスラエル・フィル、ロンドン響、ウィーン響などメジャー・オーケストラへの客演を展開。これまでノールショピング響、リンブルク響、ロイヤル・リヴァプール・フィルのポストを歴任、このうちノールショピング響とは94年に来日公演を実現、さらに米国ではコロンバス響音楽監督を務めヨーヨー・マ、ミドリをはじめ素晴らしいソリストたちとともに数々の名演を残した。

近年では、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ響、スイス・イタリア管、モンテカルロ・フィル、バルセロナ響、ビルバオ響、ポーランド国立放送響、スロヴェニア・フィル、サンクトペテルブルク・フィル、チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラ、ラトビア国立響、ボルティモア響、シンシナティ響、ヴァンクーヴァー響、サンパウロ響、ニュージーランド響等へ客演。国内では全国各地のオーケストラはもとより、サイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団にもたびたび招かれ絶賛を博している。
オペラ指揮の分野でもシドニー歌劇場デビューにおけるヴェルディ《仮面舞踏会》、《リゴレット》が高く評価されたのを皮切りに、グルック、モーツァルトからプッチーニ、さらにオスバルト・ゴリホフ《アイナダマール》の日本初演まで幅広いレパートリーで数々のプロダクションを成功に導いている。

2008年4月より京都市交響楽団常任指揮者を経て2014年4月より常任指揮者兼ミュージック・アドヴァイザー。2015年には同団とともにサントリー音楽賞を受賞、現在12シーズン目を迎えている。2017年4月からは札幌交響楽団友情客演指揮者も務める。2020年4月から京都市交響楽団第13代常任指揮者兼芸術顧問に就任。また、東京音楽大学指揮科教授として教育活動にも情熱を注いでいる。

オーケストラ

公益社団法人 瀬戸フィルハーモニー交響楽団

2001年11月、地域の音楽文化の活性化に寄与することが目的のNPO法人(特定非営利活動法人)として設立し、目的をより発展させるとともに社会の皆様のご支援をより一層得るために、2009年4月一般社団法人、2010年1月公益社団法人へ移行。

第1回定期演奏会以降、公民館や自治体、企業などへのアンサンブルデリバリーも積極的に実施。一方的な演奏ではなく、さまざま形で音楽との身近なふれあいを提案している。特に、小・中学校を訪問しての音楽鑑賞教室では、指揮者体験や吹奏楽部などとの共演を実施。音楽の楽しさを体感できる企画を盛り込み、音楽人口の底辺拡大・充実に取り組んでいる。また、企業、自治体などからの演奏依頼も多く、四国のプロオーケストラとして活躍している。

平成26年度香川県文化芸術選奨受賞。日本オーケストラ連盟準会員。


©︎BANAZO