第4回TIPCについて

概要審査出場申込予備審査課題曲演奏について賞及び賞金出場登録その他

演奏について

演奏に関する注意

  1. 課題曲の演奏は、第3次審査の委嘱曲及びピアノ四重奏曲を除き、すべて暗譜で行うこと。
  2. 演奏はすべて公開される
  3. 演奏審査において、時間の都合により、楽曲の一部を省略させることがある。

曲目変更について

  1. オンライン申込の場合は、ウェブサイトで変更を届け出ること。
  2. 郵送申し込みの場合は、FAXまたはメールで変更を届け出ること。
  3. いずれの場合も、2018年1月15日までにコンクール事務局に届け出し、承認されたものに限る。
    (E-mail:jimukyoku04@tipc.jp または FAX:087-812-5584)

演奏順

  1. 出演順は出場者説明会において出場者本人の抽選により決定する。抽選順は、音楽委員長によりア ルファベットの抽選を行い決定する。
  2. 指定の順序通りに演奏できなかった場合、コンクール出場の資格を失う。
  3. ただし、本選に限り、プログラムの都合上、順番を変更する場合がある。

ピアノ選択

  1. 出場者は、事務局が定めるピアノを試弾し、演奏に使用するピアノを選択する機会が与えられる。
  2. 第1次審査、第2次審査、第3次審査の結果発表後1時間以内に使用するピアノを変更することを認める。ただし、その際に試弾はできない。

練習用ピアノ

コンクールの期間中において、コンクールの各審査段階の出場者に対し、主催者が無償で提供する練習時間は、次のとおりとする。

  1. 受付日は出場者本人の希望がある場合は、可能な限り練習会場を準備するが、会場の都合により、希望に添えない場合もある。
  2. 出場者説明会の日からピアノを備えた部屋を1日につき4時間。第2次審査以降は、練習会場の都合により4時間以上。
  3. 第3次審査における事前の室内楽奏者との練習の機会は1回とし、原則として90分以内とする。また、本番前に、ゲネプロを行う。
  4. ファイナリストは、第3次審査翌日から本選審査終了日まで、事務局が指定する時間帯でピアノを備えた1部屋を使用して練習することができる。
  5. 本選における事前のオーケストラとの練習の機会は1回とし、原則として90分以内(指揮者との打合わせ時間を含む。)とする。