第4回TIPCについて

組織審査員作曲家・室内楽奏者指揮者・オーケストラメインビジュアル

メインビジュアル

川島 猛 Takeshi KAWASHIMA

1930年香川県高松市生まれ。県立高松工芸高校を卒業後上京。武蔵野美術学校を中退し、1963年渡米。アート・ステューデント・リーグで学ぶ。
在学中、ニューヨーク近代美術館の展覧会で評価され、ソーホーのアトリエを拠点に制作活動を続け、2016年2月帰国。
ニューヨーク近代美術館、クライスラー美術館、大原美術館、国立近代美術館、京都、東京など、国内外に作品が収蔵されている。
2006年、ニューヨーク、チェルシー地区 Mitchell Algus画廊での個展記事がニューヨーク・タイムズ紙美術欄の第一面に掲載される。
2005年から2009年の高松市丸亀町商店街再開発事業に参加、ドーム広場、自転車道などのデザインを手がける。
2009年、瀬戸の都高松石彫トリエンナーレの招待作家。
2010年、地域文化功労者文部科学大臣表彰受賞。
2010年、2013年、2016年瀬戸内国際芸術祭参加。
香川県高松市在住。

作品解説

高松国際ピアノコンクールが12年かけて成長して来て、今回で4回目の開催になります。

今回のポスター・デザインは私がテーマにしてきた「色と形」、「音のリズム」、「人間愛」そして
「ハーモニー」をイメージして表現しました。

ピアノの奏でるリズムが世界を駆け巡り第4回高松国際ピアノコンクールが成功し、これからますますの飛躍へと繋がって行けばと思います。

川島 猛